未来の芽、育てたい

現在の日本の学校教育は、進学・受験という非常に視野の狭い目標にとらわれた、 「暗記力・記憶力偏重の知識詰込み教育」を経て、一転「ゆとり重視の生きる力の育成を目的とした教育」になっています。 しかし、実際に受験はなくなることはなく、逆に学力低下の不安を招く結果となっていることはご承知の通りです。 学習の本来の目的とは何でしょうか?教育にとってもっとも大切なのは何でしょうか? それは子供たちの一人ひとりに秘められている能力を開花させてあげることであると当社は考えます。 全国に幅広いネットワークを持つアクセス教育出版の確かな実績と、長年に渡る研究、試行錯誤の末、近年開発及び構成された集中文部システムは、 テスト前にただ、点を取る為だけではなく、思考力・創造力を伸ばすことを考え構成されています。 よりよい21世紀のために子供たちにもっと感動を与えたい…今後もこの姿勢は変わることはありません。